2015/2016 柏レイソル ホーム ユニフォーム 半袖

 柏レイソルの2015シーズンホームユニフォームのデザインコンセプトは『新たなる第一歩』。2015年の監督を迎えチームが大きく変わることから、伝統的な黄色のホーム(1st)には、新生レイソルが新たなる第一歩を踏み出すイメージを「太陽王(レイソル)が昇る地平線」に見立てたドットボーダー柄で表現しました。ドットには差し色としてお馴染みの燃える太陽をイメージした赤と黒が使われています。

  J1復帰初年度でいきなり初優勝を飾った2011年以降、天皇杯(2012年)、ヤマザキナビスコカップ(2013年)と毎年タイトルを獲得してきた柏レイソル。その立役者であるネルシーニョ体制6年目の2014シーズン、チームは近年では優勝した2011シーズンに次ぐ4位という好成績で最終的にACL出場権を獲得したが、決して順調な一年ではありませんでした。

  大きな戦力ダウンとなったはずだが、そこは名将ネルシーニョ監督。卓越したマネージメントでチームをまとめ上げ、最後は見事な7連勝でフィニッシュ。最終節でサガン鳥栖を抜き去り、4位の座を確保しています。

 

  サプライヤーは前続きは「ヨネックス」。ロゴの表記や位置がホームとアウェイで違う点も面白い。ユニフォームスポンサーは、胸が「日立製作所」、背中が「アメリカンファミリー生命保険会社」、袖が「日立アーバンインベストメント」、パンツが再び「日立製作所」で、いずれも継続しています。襟の後ろは「日立台」と「R」がバランスよくプリントしています。

  背番号下には2012年から支援を行っている「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」のロゴが入りました。ホームのパンツとソックスは黄色で、全体としてはやはり黄色の印象が強い。

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖

sanfreccehiroshimaawayfront2017

特別価格:6,500円

カラー:ベノムグリーン

サプライヤー:ナイキ/NIKE

マーキング:可能

発売時期:2017年3月

商品特徴

・グラブのフラッグに用いられている緑からインスピレーションを得たベノムグリーンを採用し、「LIGHT SPEED」を表現しています。

・アクセントにクラブカラーのパープルを活用しアウェイの地でもクラブの誇りを持って戦うという思いが込められたデザインを採用します。

・左袖にはクラブ創立25周年を表す記念ロゴをデザインします。

・右胸のメーカーロゴは刺繍です。

・クラブエンブレムは織りワッペン縫い付けています。

機能

優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

このユニフォームが購入したい方は、こちらへどうぞ。

購入アドレス

https://jfashop.com/sanfrecce-hiroshima-2017-uniform-away.html

横浜Fマリノス 2017 ユニフォーム アウェイ 半袖 絶賛発売!

特別価格:6,500円

カラー:ホワイト

サプライヤーアディダス/ADIDAS

マーキング:可能

発売時期:2017年4月

商品特徴

・デザインコンセプトは『パワーオブサポーターズ』です。

・白を基調に、チームをさらなる高みに導くため必要不可欠なサポーター一人ひとりのチカラの結集を青のグラデーションで表現した。

・横浜のストリートでも着用しやすいカジュアルなデザインにすることにより、365日ユニフォームを着用してチームを後押しして欲しいという願いが込められています。

・にすることにより、365日ユニフォームを着用してチームを後押しして欲しいという願いが込められています。

・袖は「日清オイリオグループ」、パンツは「EZインベスト証券」と新たに契約を結んでいます。

・胸の「日産自動車」、背中上部の「ムゲンエステート」が継続しています。

機能

優れた換気・除湿機能の素材でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

このユニフォームをお持ち帰りたい方はぜ

購入アドレス

https://jfashop.com/yokohama-f-marinos-2017-uniform-away.html

Jリーグ ガンバ大阪 2017 ユニフォーム ホーム 半袖

ガンバ大阪

デザイン コンセプト:『KAGAYAKI ~大阪から世界へ輝くクラブへ~』。ホームは、チームカラーである青と黒を用いた伝統のストライプをベースに、ホームタウンである大阪から世界へ“輝き”を放つチームと選手をイメージし、ストライプにクリスタル柄を組み込んだ“クリスタルグラフィック”デザインを採用します。

商品機能:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

特別価格: 6,500円 メーカー:アンブロ/UMBRO

素材:ポリエステル 100% 発売時期:2017年3月

GAMBA

ガンバ大阪 2017 ユニフォーム ホーム 半袖

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム ホーム 半袖は「JFA shop」で通販中

サンフレッチェ広島F.C

サンフレッチェ広島F.Cは、広島県広島市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグに加盟するプロサッカークラブ。呼称は「サンフレッチェ広島」である。

今日はサンフレッチェ広島 2017 ホーム ユニフォームを紹介する。

2017年(平成29年)なので、もちろん、今年はサンフレッチェ広島クラブの設立の25周年の記念を迎え~

HIROSHIMA

 

 

 

 

 

 

 

 

◆広島の2017シーズンに向けた新ユニフォーム、ホームは前身である名門マツダSC(旧広島東洋工業サッカー部)のストライプとクラブエンブレムからインスピレーションを得たデザイン。

◆ストライプの線の太さに強弱をつけることで、スピード感と躍動感を与えるグラデーションを表現。遠近によってグラデーションの見え方が異なるという特徴的なグラフィックとなっている。

以上。

サンフレッチェ広島 2017 ユニフォーム ホーム 半袖

ユベントス 15/16 ユニフォーム サード 半袖 セット 子供用 レプリカ

ユベントス ユニフォーム 15/16 サード 半袖 セット 子供用 レプリカ

製造元Adidas/アディダス

メーカーカラー:ブラックxゴールド

商品特徴:

・サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカユニフォームの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。

ユベントス競技場の外観設計を創意に、黒を中心として袖口、3つの傍線とユニホームの広告が採用するのは金色です。

セリエAのチャンピオンを象徴する数に達しさんじゅうの3つの金星され队徽に現れて、队徽自体の薄色の部分も金色に変更されました。

機能:優れた換気・除湿機能でボディをドライで快適に保ち、プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

素材:ポリエステル

インボートサイズ:

■XXSサイズ(16):身長90-100cm、胸囲34cm、着丈43cm、ウエスト24-34cm、ズボン長さ29cm、体重15-17.5kg
■XSサイズ(18):身長100-110cm、胸囲36cm、着丈47cm、ウエスト25-36cm、ズボン長さ31cm、体重17.5-20kg
■Sサイズ(20):身長110-120cm、胸囲38cm、着丈50cm、ウエスト26-38cm、ズボン長さ33cm、体重20-22.5kg
■Mサイズ(22):身長120-130cm、胸囲40cm、着丈53cm、ウエスト27-40cm、ズボン長さ35cm、体重22.5-27.5kg
■Lサイズ(24):身長130-140cm、胸囲42cm、着丈56cm、ウエスト28-42cm、ズボン長さ37cm、体重27.5-30kg
■XLサイズ(26):身長140-150cm、胸囲44cm、着丈58cm、ウエスト29-44cm、ズボン長さ39cm、体重30-35kg
■XXLサイズ(28):身長150-155cm、胸囲46cm、着丈60cm、ウエスト30-46cm、ズボン長さ41cm、体重35-37.5kg
*広げた状態でのおおよそのサイズです(ご参考までに)。

https://jfashop.com/juventus-uniform-third-15-16.html

サンフレッチェ広島の森脇良太について

森脇良太広島県福山市幕山台生まれのプロサッカー選手であります。小さい頃は野球少年で憧れの選手は広島東洋カープ山内泰幸でした。友人に誘われ小学2年時にサッカーを始めました。1999年に地元福山市の隣町である尾道市サンフレッチェびんごジュニアユースへ入団しました。一期上に平石健太がいます。ジュニアユースではFWとしてプレーし島卓視らから指導を受けました。Jリーグ浦和レッドダイヤモンズ所属していました。ポジションはディフェンダーであります。広島県立吉田高等学校卒業した、元日本代表です。

2002年にサンフレッチェ広島ユースへ昇格しました。同期には前田俊介佐藤昭大高萩洋次郎高柳一誠桑田慎一朗藤井大輔大屋翼冨成慎司らがいます。ユースではサイドバックにコンバートされ森山佳郎沢田謙太郎らから指導をうけました。ユース監督の森山佳郎はコンバートの理由について「ユースレベルならFWでも十分なレベルだが、プロではDFのほうが見込みがある」と語っています。高校2年時の2003年に右サイドバックとしてレギュラーに定着して、広島ユースはこの年に全国大会で活躍しユース2冠を達成しました。翌2004年も引き続きレギュラーとしてチームに貢献して、ユース3大大会のうち全てで決勝に進出、うち2大会で優勝しました。2008年、広島に復帰しました。駒野が磐田へ移籍したこともあり当初は右アウトサイドの起用を検討されていたが、ミハイロ・ペトロヴィッチは右センターバックに抜擢して、盛田剛平の怪我によりレギュラーに定着して、以降主力として活躍しました。

 

森脇良太

2005年にトップに昇格し正式にプロ契約を結んでしました。同期に、前田、佐藤、高柳、桑田、入船和真中尾真那西河翔吾がいます。びんごジュニアユース出身としては初のトップ昇格選手となりました。2006年に出場機会を求めて望月一仁が監督を務める愛媛FCへレンタル移籍されて、第1節からレギュラーとして起用されました。2013年7月、東アジアカップ2013の日本代表に選出されました。

森脇良太  サンフレッチェ広島 ユニフォームは豊富に取り揃えております!ご購入こちらへ!