サッカードイツ代表 歴代ユニフォーム デザインといえば?

 サッカードイツ代表といえば、世界を代表する強豪国の一つである。1954年スイスのワールドカップドイツでドイツ代表の初優勝を取得した。後のFIFAワールドカップでの成績は優勝4回、準優勝4回、決勝戦には8回進出している。半世紀中の世の中の人の注目を得た。サッカードイツ代表の名誉に伴い、ドイツ代表のサッカーユニフォームも人々の注目を惹かれている。

大多数のシーズンでドイツ代表のユニフォームは黒と白を基調にデザインしたが、それは、几帳面のドイツ人を表現できなかった。

  実は、シンプルなデザインで作成したけど、それとも黒、赤と黄色の色あわせでの印象度抜群なサッカーユニフォーム、サッカーファンたちはきっといい思い出が残った。

  初期のドイツ代表ユニフォームのデザインコンセプトははっきり言うなら、シンプル、簡単などの雰囲気が溢れていた。1954年のスイスワールドカップで初優勝を取得から1974年ドイツ地元のワールドカップで優勝を獲得まで20年間の黒×白のスタイルが続いた。ただ、襟のデザイン部分が少し異なっていた。今までも、黒と白もサッカードイツ代表の代表カラーになって行く。しかし、1970年代、ドイツ代表が緑のアウェイユニフォームを発売した。人々にも深い印象が残った。この以降、デザインナーたちもユニフォームの細かい部分を特別なデザインが追加した。1982年スペインワールドカップ大会でユニフォームのデザインがストライプが追加した。1986年メキシコワールドカップ大会で緑のアウェイユニフォームを提供した。本格の突破やっぱりは1988年の3色ユニフォーム黒、赤と黄色いを採用した。この1点も歴代ユニフォームの中、一番素敵なデザイン。1990年のイタリアワールドカップで沿用した。

  21世紀以来、ドイツ代表サッカーユニフォームがデザインも古典に戻ったように。シンプルな黒と白をもう一度を基調にしてデザインした。細かい部分のデザインがそれぞれ。2002年、2006年、2010年はグレー、黒×赤、黒のユニフォームが発表した。近年のトレンドをちゃんと見れば、ドイツ代表のユニフォームもファッションの要素が加入した。