日本代表、川島永嗣について

川島 永嗣は、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身のサッカー選手。リーグ・アンFCメス所属。日本代表。ポジションはゴールキーパー日本代表 背番号は「1」番。

個人履歴

大宮加入後、イタリア・セリエAのクラブへ留学し、若手選手たちが出場する「ヴィニョーラ・トーナメント」に参加。チームは優勝を果たし、川島自身はベストゴールキーパーに選出された。2004年、名古屋グランパスエイトに移籍。2006年のシーズン終了後に、2007年シーズンにAFCチャンピオンズリーグ出場を控えている川崎フロンターレから獲得のラブコールを受けて当時の川崎のクラブ史上最高額となる1億5000万円の移籍金で完全移籍した。2010年7月7日、ベルギー・ジュピラーリーグ(1部)に昇格したばかりのリールセSKへ2年契約で完全移籍した。12月には彩の国功労賞を受賞。2012年7月17日、ジュピラーリーグ4位(リールセは12位)のスタンダール・リエージュと3年契約を結び、同クラブへの完全移籍が発表された。2012-13シーズンは移籍1年目ながらリーグ戦全試合にフル出場した。2016年8月、リーグ・アンFCメスへの移籍が発表された。

海外の反応

ゴールキーパーは、防衛の最後の行をバーストしていたとして、選手たちはいくつかのリーダーシップスキルを取る、プロンプトステーションにする必要があります。そして、この点について、川島心配する必要はありません。日本を代表する選手でセリエA、英語を使用することが川島に留学の経験、イタリア語、ポルトガル語の交流、外国語能力のため。

購入アドレス

https://worldcup-uniform.com/