サンフレッチェ広島の西川周作について

西川周作

西川周作大分県宇佐市生れのプロサッカー選手でJリーグ浦和レッドダイヤモンズ所属していて、ゴールキーパーのポジションで活躍しています。中学卒業時まで出身地の宇佐市で過ごし、高校進学時に大分トリニータU-18に入団しました。大分の練習場の拠点のある大分市宇佐市からは距離があるため、同市内の高校に進学し寮生活を送りしました。

西川周作は高校3年次の2004年にはトップチームに2種登録選手として選手登録されて、リーグ戦1試合でベンチ入りました。ワールドユースから帰国直後の7月12日に対横浜F・マリノス戦で初先発を果たすと、以降1試合を除いて全試合に出場しました。高卒1年目から正GKの座を奪取しました。2010年はサンフレッチェでレギュラーとして自身2年連続となるリーグ戦全試合に出場しました。下田崇の引退により、2011年から再び背番号「1」をつけることになりました。2012年は4年連続となるリーグ戦全試合出場を果たし広島のリーグ優勝に大きく貢献しました。同年自身初のJリーグベストイレブンに選出されました。2013年はリーグ戦33試合に出場して、リーグ最少の29失点とクラブの連覇に大きく貢献しました。天皇杯準決勝のFC東京とのPK戦では両チーム3人蹴り終わり1-3と絶体絶命の中、連続で相手のPKをセーブして、自身もPKを決めて大逆転でチームを決勝へと導いました。

西川周作

2014年は浦和レッズへ完全移籍しました。背番号は2010年以来となる「21」に決まりました。入団後はすぐに正GKの座を確保すると、7月にはJリーグ記録を塗り替える7試合連続無失点を達成して、前年まで不安定だったレッズの守備を立て直す原動力となりました。同月J1の月間MVPに選ばれました。また、GKのJ1年間完封試合数の記録を16に更新しました。同年12月9日、初のJリーグフェアプレー個人賞、3年連続のJリーグベストイレブンに選ばれて、2015年から背番号「1」をつけることになりました。

2016シーズンに向け、西川周作 サンフレッチェ広島 ユニフォームは豊富な品揃えで、ご購入こちらへ!